FC2ブログ
ユニップ・フォトログ
Environmental Design Works
プロフィール

unip design

Author:unip design

↑Please visit our website!

ユニップデザインとは住宅や店舗、オフィスビルなどの建築設計・インテリアデザインをメインに活動している一級建築士事務所です。また、ツリーハウスの設計施工も行っています。

このブログはそんなユニップデザインのスタッフが物件紹介や世の中に溢れるモノ・コトを、実体験をもとに紹介していきます。



最近の記事



カテゴリー



リンク



FC2カウンター

 since 18 jan 2006



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたはレンゾピアノ様ですか?<下>
(前回より)

上からの眺めはさすがに良く、中庭の様子もよくわかり、緑がいっぱいでとても気持ちがいい。

renzo9.png
       ただし、中庭からは木がよく見えない。

その他、ホール,小会議場などを見たが、特筆することはないように感じた。

全体的に見ると、期待していたよりは、空間的に感じることが少なく、
マテリアルはハイテックではあるが、印象的には普通のオフィスビルと言ったところだろうか。
この建物の特徴は、入り口から中庭の丘へつながる空間的、視覚的な変化が見せ所だったと思う。それが多々理由はあるにせよ、うまく行っていない。
模型を見る限りではそのように感じるのだ。

レンゾピアノの作品は、イタリアより外国のほうが圧倒的に多い。
すでに新聞社が入ってから5年経っているが(完成する前から使い始めたとのこと)、
屋上のソーラーパネルを見ても、まだいつ完璧に完成するかわからない。
あのレンゾピアノでさえイタリアで悪戦苦闘をしているのだ。
なぜ外国の作品のほうが多いのかがわかるような気がする。

私がレンゾピアノの講演で特に印象に残ったという言葉は、
「建物を作るということは大変な作業で、決して一人の力ではできない。さまざまな人の力が結集してできるものなのだ。それを深く理解しなければならない」
確かこんなことを言っていたような気がする。
まだ若く、何でも自分でやってやろうと思っていた時期、何か自分の中に引っかかったのだ。
そんなレンゾピアノの作品が、もっともっとイタリアにできることを私は願ってやまない。

~完~

(ishiyama)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。