FC2ブログ
ユニップ・フォトログ
Environmental Design Works
プロフィール

unip design

Author:unip design

↑Please visit our website!

ユニップデザインとは住宅や店舗、オフィスビルなどの建築設計・インテリアデザインをメインに活動している一級建築士事務所です。また、ツリーハウスの設計施工も行っています。

このブログはそんなユニップデザインのスタッフが物件紹介や世の中に溢れるモノ・コトを、実体験をもとに紹介していきます。



最近の記事



カテゴリー



リンク



FC2カウンター

 since 18 jan 2006



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


火曜日の難民
(さてこれは何でしょう?)
R0011435.jpg
 今日突然思い付きで、現在森美術館でやっている
 「ル・コルビュジエ展」へ、
 ユニップメンバーで行くことになった。
 一応、休館日はいつかと事前にネットチェックしたが、
 無休でやっているらしいとのことでいざ六本木ヒルズへ!

ところが、六本木に着き森美術館のエントランスへ行ってみると、
「もう美術館は終わっております」のひとこと。
火曜日は17時までだそうだ。。。ネットでの確認がおろそかだった。

さて、せっかく来たので(と言っても中目黒からすぐだけど)、
気を取り直し、まだ足を運んでいない東京ミッドタウンへ行くことに。
R0011436.jpg
 そして、目当ての「21_21 DESIGN SIGHT」を見てきた。
 安藤忠雄氏設計のこの話題の建物、
 全長54mに及ぶ“一枚の鉄板”の屋根が特徴的。
 キャットストリートにある"hhstyle.com/casa"の
 経験を活かし作られたものだろう。

まずその屋根に近づいてみた。(一番上の写真)
モルタルに塗装したような?質感の鉄板。
これを溶接して継ぎ目が分からないようにしたのはスゴイけど、
職人さんの苦労が目に浮かぶ。
この写真に写っているのは雨どい?だと思うけど、
それをそのように見せていないところは理解できる。

しかしこの建物、近づいてディテールを見るよりも、
こうやって離れて見たほうがいいのかなぁと個人的に感じた。
R0011431.jpg
 防衛庁跡地の巨大な敷地の奥に、
 ひっそりと佇む黒い屋根とガラス窓の織り成す、
 不思議な形状の建物。
 それはまさに開発著しい六本木と、
 まだまだ残る昔ながらの住宅との間の緩衝地帯として、
 両エリア間に漂う違和感を、さらに上回る特異性にて
 解消させているようにも思えた。。。

案の定、中で開催されている、「チョコレート」はやっぱり休館日。
六本木トライアングルの美術館は火曜日が
休みだということが頭に入っていなかったと言うことである。
他は月曜日が多いというのに・・・

ただ、ミッドタウンの中にある「日本グラフィックデザイナー協会」でやっている、
日本のグラフィックデザイン:ジャグダ 1981~2006」は見ることが出来、
ようやく火曜日の難民たちは、帰途へついたのである。

コルビュジエ展の紹介は別の機会に。

(date)

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。