FC2ブログ
ユニップ・フォトログ
Environmental Design Works
プロフィール

unip design

Author:unip design

↑Please visit our website!

ユニップデザインとは住宅や店舗、オフィスビルなどの建築設計・インテリアデザインをメインに活動している一級建築士事務所です。また、ツリーハウスの設計施工も行っています。

このブログはそんなユニップデザインのスタッフが物件紹介や世の中に溢れるモノ・コトを、実体験をもとに紹介していきます。



最近の記事



カテゴリー



リンク



FC2カウンター

 since 18 jan 2006



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Mode #5 長谷川等伯の唯一無二
20070108142219.jpg 20070108142157.jpg

この正月、国宝「松林図屏風
(等伯56歳:1594年頃作、東京国立博物館、1月28日まで)公開へお参りをした。

今の季節は松だし、以前能登半島の珠洲に住んでいたせいで、
松林図は、能登にある防風松林の冬景色を思い出させてくれる。

この「松林図屏風」、昨年も正月公開だったので、
今後はMOA美術館にて毎年2月に公開する国宝「紅白梅図屏風」尾形光琳作のように、
同じく毎年恒例にして、
「”東博”にある等伯の松林図見なけりゃ正月迎えた気にならねぇ」
と江戸情緒の再興をしてはどうでしょうか?
「美しい日本」を目指す安倍総理殿!

さて、松林図は謎多き絵で依頼者が誰なのか、
本当に屏風のために作られたのかが不明で、
等伯自身も含め他に同様な画風の絵が見当たらない。

そこでunip的に謎解きをしてみた。

まず、等伯が松林図を描く前の状況を
「山水思想もうひとつの日本」
(松岡正剛著五月書房刊)
と数多のネット情報から引いてみると・・・。

当時、業界には最大にして最強ブランドである狩野派(永徳)がいた。
その頃の狩野派のアイデアの中で、等伯が「やられた~」と思ったものがふたつある。

ひとつは、1588年秀吉亡母のために建立した天瑞寺客殿障壁画の題材のひとつに
桜が採用されたことである。
松竹梅が当たり前と考えられた時代に、
とうの昔(大和絵主流の時代)の流行である桜をリバイバルさせたのである。

もうひとつは、1591年南禅寺大方丈において、
画面中央に巨大な松が占める画風により
「意匠という様式」を確立したこと。
その上心情面では、ライバル永徳が1590年に没し、
等伯の理解者(アートディレクター)である千利休が1591年自刃。
そのうえ1592年跡継ぎと期待されていた息子の久蔵との別れがあった。

ここからは僕の想像物語が半分?加わります。
当時、等伯はどんな手を使ってでも永徳越えを叶えたかった。
理解者利休は、絵画においても「利休好み」を完成させ、
すべての芸術において町衆文化を武家文化に対抗させたかった。
そんな両者の思惑が重なり密かに松林図計画が始まった。

アイデアは、利休が選んだ渡来茶碗と楽茶碗の扱いと似ている。
・1589年旧三玄院襖絵にて雲母摺の桐花紋地を雪に見立てた絵のように
「聞こえず見える音」をだす。
・昔(室町時代)に流行った中国南宋画家の牧谿の「味」をリバイバル。
・宗教や権威を感じさせないように日常の景色に見えること。
場所は、大徳寺のどこかの襖にする予定で、時の権力者秀吉に言いがかりをつけられた際、
逃げの理屈が通るよう上記のアイデアを含め考えられたのではないだろうか。
そう、ショスタコービッチが交響曲に、ダビンチが絵画に潜ませたように。

残念ながら利休自刃後、等伯含む関係者は保身のために松林図を隠してしまい、
等伯の永徳超えもおジャン。
もし利休が延命していたならば、
松林図に利休のお墨付がもらえ名実共に等伯の永徳超えが叶っただろう。
ただ、千家の所有として、そう簡単には見れない代物になったかもしれない。

しかし、時代は等伯にチャンスを与えた。
2000年にNHKが行った「日本の美アンケート」第1位にこの松林図が選ばれ、
等伯の念願が400年後に叶った。
不謹慎ではあるが、我々も秀吉のおかげで至宝を見ることができるので、
ココロあるデザイナー達よ!東博へ急ぐべし。

(okamura)
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


Mode #4 現代コマーシャルのデザイン六法
mode4a.jpg mode4b.jpg

"TRICK ADVERTISING(視線を勝ち取る広告デザイン)"BNN新社刊がコレ。
※原書"BRICK TRICKS"が2005年10月初版なのでデザイン書籍としては新鮮。

類型化された多くの事例と現象にまつわる説明により構成されている。
「如何に人々の経験則を利用して注目させられるか?」の回答参考書としては秀逸で、
平面~環境に関わる様々なデザイナーにとっては所有する価値がある一冊。

unip的には「第10章 場所と配置」に
ゲニウス・ロキ(地霊の場所)の概念が限定的に引用され、
車の排ガス口や紙袋までが括られているところがユニークであり、
デザインにおけるアフォーダンス理論との差異を探りたくなる。

(okamura)

テーマ:デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術


Mode #3 土産品からデザインを学ぶ
20060905184053.jpg
 所要で実家に戻った時、
 処分されかけたモノの中に面白い土産品を見つました。

 どこ(海外かな)のモノかは不明ですが、
 仲良くエサをついばむニワトリの家族には
 「動き」と「音」にポイントがあるようです。

20060905184039.jpg
 5羽それぞれの首に糸が結びつけられ、
 糸の反対には卵型の重しがぶら下がっており、
 その重しを回すように揺らすと首が上下し、
 くちばしがエサをついばむ時に
 「カッカッカッ・・・」と打音が鳴る。

 特に首の動きが本物のように
 「コッコッコ・・・」っという感じが出ているのです。

とても電動では出せない味で「物の道理(機構)」をしっかり押さえてあり、
現代デザインに生かせそうな気を起こさせます。

ところで誰かどこの土産品か知らないでしょうか?

(okamura)

テーマ:かわいくて癒してくれるもの♪ - ジャンル:ライフ


Mode #2 私小説的な照明
maurer1.jpg maurer2.jpg

Ingo Maurer-Light-Reaching for the Moon 光の魔術師 インゴ・マウラー展
東京オペラシティーアートギャラリーで開催中(2006年7月8日~9月18日)

実のところ、インゴ・マウラーの作品をこれだけの規模で見るのは初めてです。
特に地下鉄ヴェストフリートホフ駅の巨大ペンダント照明、
ワイヤーシステム照明ヤ・ヤ・ホは大きな会場でないと良さがわからないと思っていたので、
実感できたことは大きな収穫でした。

また、実際に触れることが出来ないのですが、
照明の点灯方法にも驚きの工夫が凝らされているのです。
(※ヤマギワ等で確認できると思います)

彼の作品は見たままに「生活品としてデザインした照明」の枠を超えています。
まるで私小説の世界に誘うように照明器具を前にした途端、
見る者それぞれに多様なストーリーを与えてくれます。

皆さん!展覧会をご覧になる際には小説を読むように見てください。

今後、光をテーマにしたデザイナーやアーティストの有望株は、
光の素をも作ってしまうポール・コクセージ(Paul Cocksedge)と
光の現象を追求するオラファー・エリアソン(Olafur Eliasson)でしょうか。

(okamura)

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術


Trend #1 アマチュアからの贈り物
[CodeMode、Trendシリーズ]

"FOTOLOG" 前から、設計・デザインで悩んだときに見るサイトのひとつ。

世界中のアマチュア(殆ど)からの写真が掲示されるサイトで、その数は膨大!

20060602184923.jpg 20060602184915.jpg

写真を見ているとお国柄が出ていたりして、なかなか楽しい。
デザイン情報が多いイギリス・オランダあたりでは、わりと小洒落た写真がある。
ブラジルなんかは友達同士で騒いでいるものばかり。
デザイン大国イタリアはブラジル寄りで、デザイン系は少ない...
やはりラテンの血がそうさせるのでしょうかね。

unip的にはキワモノになりそうでならないギリギリセーフが好み。

20060602184859.jpg 20060602184907.jpg

ロラン・バルト『明るい部屋』にある
ストゥディウムやプンクトゥムなど知らないアマチュアの凄さが
時代に影響を与えているかも。

(okamura)

テーマ:写真 - ジャンル:学問・文化・芸術


Mode #1 床が壁になると?
床面ばかりの写真集 
「SUPERVISIONS」Andreas Gefeller
http://www.andreasgefeller.com

20060423213350.jpg

 →接近写真

20060423213409.jpg

 →接近写真

20060423213400.jpg

 →接近写真

普通に見ていそうな気がするのに見ていない(現実には見れない)何かがありそうだ。

チャールズ&レイ・イームズの「Powers of Ten」よろしく、
高い&低い位置からの組み合わせ写真であるが遠近感が(殆ど)ない。

これは位置変えしながら被写体を複数枚撮り、
限りなくシームレスになるように処理を施し、
一枚の写真のようにしているため奥行き方向の面が殆ど見えなく、
平面図のように見えるからである。

ゆえにビルの高所から地上を眺めるのとは違い、
見る人に妙な引っかかりを与える。

またベンチの写真を見ていると、
壁面がこうであればユニークだろうなと思ってしまうし、
クールになりそうである。
ガーリーな例で言えば"GAS BOOK 22 NAGI NODA"
野田凪の表紙みたくするのも楽しげでないかい。

(okamura)

テーマ:デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術


Code #1 松永真の鑑定眼
20060417220147.jpg
 雑誌「デザインノート」最新号:
 誠文堂新光社刊に載っている
 松永真の事務所やアトリエにある小物たちが気になった。
 中には彼の作品も混ざっているが、
 一級品(高価という意味では無い)と見受けられる。

小物たちの特徴はA.カスティリオーニの収集物や
J.モリソンの書籍で扱われている小物と共通したものがあり、
一様に可愛げさを漂わせている。
モノなのに、まるで心の美しさが滲みでているように見えるのである。

なんとなく女優で言えば、宮本信子や小林聡美みたいな感じで、
二人とも映画監督というつくり手の伴侶でもあることから
デザイナーが好むポイントには、人やモノに関係なくあるかもしれない。

人は生来、つくるより先に見ることから始まる。
つまり、デザイナーである前に観賞者であり鑑定者である。

松永の鑑定眼は物を多面的に捕らえ、
個性を感知することに重きを置いているようである。
例えるならば、普段の日用品に美を見出した千利休や柳宗悦の眼差しに
比類するとは言い過ぎではない。

(okamura)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ


unipdesignの掟
何をもってクールなデザインとするかは、ひとそれぞれです。
もちろん、unipdesignのメンバー個人もそうでしょう。
ただし、協働でデザインをするには決め事が必要になります。

unipdesignでは及第点の取れるレベルのモノをつくるために
以下のことを明確にしなければなりません。

・Code(規則・規定)
デザインするモノのレベル設定です。
良いデザインには機能はもとより、
美的に不自然ではないのは当然とし+αが求められます。

・Mode(形式・方法)
Codeに挙げた+αをどうするかです。
デザインの最も評価されるところで、質が問われます。

・Trend(傾向・流行)
世の中が求めている(だろう)、または必要になる(だろう)モノ・コトの推定です。
政治、経済、思想、音楽、ファッション、アートなど、
異分野との連動・影響が期待されます。

さあ、楽しくやりましょう!

(okamura)

テーマ:◇つぶやき◇ - ジャンル:ライフ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。