FC2ブログ
ユニップ・フォトログ
Environmental Design Works
プロフィール

unip design

Author:unip design

↑Please visit our website!

ユニップデザインとは住宅や店舗、オフィスビルなどの建築設計・インテリアデザインをメインに活動している一級建築士事務所です。また、ツリーハウスの設計施工も行っています。

このブログはそんなユニップデザインのスタッフが物件紹介や世の中に溢れるモノ・コトを、実体験をもとに紹介していきます。



最近の記事



カテゴリー



リンク



FC2カウンター

 since 18 jan 2006



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スミカタサイコウ
kaidanmae

昭和39年竣工、46年まえの住宅の改修物件。
耐震改修を前提としてこれを機に「住むスタイル=住み方」を再考。

当初は大人数で暮らしていたが、現在は少数。
使用していない部屋はいつの間にか納戸に…
しかし長年駐車場は近所で借りている。

「なんとか、駐車場を一階につくれないでしょうか?」

都内では駐車場といええも賃料は高価です。
なんとかしたいと思い今回の案を提案させていただきました。

道路からの配置順序を「DK→和室→洋室」から「車庫→DK→洋室」と順送りすることを提案。
中に追い込まれた車庫や食堂にできるだけ光を入れるように建具を大きくすることにしました。

車庫部外観(改修前)
shoumenb

車庫外観(耐震補強後)
shoumenh

車庫外観(改修後)
shoumeia



車庫内観(改修前)
kaidanb

車庫内観(改修後)
kaidana



食堂(改修前)
diningb

食堂(改修後)
dininga


このように改修を計画する際には、「住み方」についても考えてみてはいかがでしょうか。
また、せっかく改修するのでしたら、同時に効率よく耐震診断・補強計画を取り入れることをお勧めします。

スポンサーサイト

事務所の技術レベルを知る
岸和田調査セミナー 1
昭和38年に登記された住宅が調査サンプル

昨日、大阪 岸和田での「建物調査実体験セミナー」住宅長期保証支援センター主催に参加して来ました。参加費は無料(国交省の委託)だからなのか、40人程が参加、殆どが施工業者のようです。よって、セミナーの内容は施工者寄りで床下や天井裏までも見るなど、極めて実務的でエンドユーザーの目線を気にしたものです。

岸和田調査セミナー3
屋根裏に入り小屋組み内容と雨漏りを確認
岸和田調査セミナー2
床下をめくり基礎内容とシロアリ害を確認

私自身の収穫は建物調査のひとつの典型の内容・調査費の相場が分かったことです。これにより、当事務所の調査技術レベルが測れると同時に適正な調査内容に対する適正な調査費用が見立てられます。
どうやら、公共・民間の設計・監理の実務経験と併せて不動産鑑定の資産状況調査の経験もあるので、ハイレベルかつハイブリッドな調査・評価もできる建築・デザイン事務所になっているようです。

ではユニークなことでも始めましょうかね・・・。

(okamura)

テーマ:建築、土木 - ジャンル:学問・文化・芸術


検査・評価能力のある肩書きを得る
評価員

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」による「住宅性能評価員」講習考査の修了結果が届きました。受講資格が建築士の有資格者及び建築適合判定資格検定合格者に限られ、合否の判定基準も公表されていないことから、少々心配をしていたところです。

これで検査能力があると見ていただける肩書きが整いました。あとは実務における検査技術のスキルアップだけですね。
規模のある公共施設の設計・監理、劣化調査、不動産鑑定の技術サポート等、多くの経験はあるので問題がないと思っています。ただし、戸建ての様な小さな物件の設計・監理はやっても、劣化調査には馴染み薄いところがあります。

そこで、以前に合格した住宅メンテナンス診断士の講習元である住宅長期保証支援センターが開催する「建物調査実体験セミナー」に参加するために今度大阪の岸和田に行く予定です。
作業着を着るのは久ぶりで楽しみです。

感想は後日レポートします。

(okamura)

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術


5年目に棚卸をする
一級建築士の資格を取得して5年が経ちました。その間、構造一級建築士及び設備一級建築士の制定。耐震偽装問題による大幅な法改正から住宅瑕疵担保保護法の成立。
どうやら、我々意匠設計者には従来の一級建築士の技量に加えて建物の質を高める専門性を要求されるむきのようである。

5年という節目と登録関係は5年更新が多いことから、知識と経験の棚卸しとして講習・考査を受けることにしました。目的は「より適切な診断・検査・評価」のスキルアップ。
今、受講できる良い講習はないかと調べ、「住宅メンテナンス診断士」:NPO法人 住宅長期保証支援センター、「住宅性能評価員」:財団法人 住宅リフォーム・紛争支援センターが候補になり、両方受けることに。

1755_0001.jpg

まずは本日「住宅メンテナンス診断士」の合格通知書が来ました。「住宅性能評価員」はあと1ヶ月後に判る予定です。ちなみに住宅性能評価員は各建築士と建築適合判定資格検定合格者にしか受験資格が無いのでレベルは高い。

(okamura)


倉庫リノベ住宅の全貌やいかに?
DSCN0742.jpg 以前紹介したこの物件が、
 今週の金曜日5月18日に、
 TBS情報番組「はなまるマーケット」内の、
 「住宅探偵 藤吉ホームズ」にて紹介される予定です。
 放映時間はおおよそ朝9時30分ごろから15分程度です。

 ←これは2階のリビングになる部分から撮っています。

主婦向けで、ご家族に焦点を当てた番組ですが、
リノベーションの醍醐味が十分に分かることと思います。
興味のある方は是非ご覧ください。
ビフォーアフターが良く分かるのではないでしょうか。

余談ですが、実際の撮影では女優の藤吉久美子さんがピアノを弾いたり、
アナウンサーの山内さんがバイオリンを弾いたりして、
楽しく時間が過ぎていましたが、これも放映されるのかな?

4月には白金台のO邸も放映され、なかなか好評でしたし、
これも施主の方をはじめ、関係者の皆様のおかげです。
この場を借りてお礼申し上げます。

見逃された方は、「住宅探偵 藤吉ホームズ」ホームページの
バックナンバーにてご覧になれます。

(date)

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ


鵠沼その後
R0011734.jpg R0011782.jpg

R0011788.jpg
 前回、家具が入った写真を撮ってこれたら、、、
 ということで、先日撮ってきました。

 少しはまとまりのある空間に見えるようになったかな。
 まだまだ生活感はないけれど。

(date)

テーマ:インテリア・家具 - ジャンル:ライフ


鵠沼マンション
前回まで鵠沼マンションのリノベーション工事の成り行きを書いてきたが、
今回が最後の報告になる。(もしかしたら家具が入った写真が載せられるかも)

竣工検査でのダメ直し確認のついでに家具が配置される前に写真を撮ってきたので、
大げさだがその全貌を披露しよう!

RIMG0929.jpg まずはエントランス兼ホビールーム。
 コンセプトはサーファーのための住戸ということで、
 入ってすぐサーフボードを仕舞えるように、
 間仕切りのないタイル貼りのホールとした。
 
 奥の壁はOSB(チップボード)を染色し、
 その面に棚を設け上部には好みでサーフボードやアイテムを
 掛けられる様に下地を作ってある。
 
 さらにこのホールのアクセントとして、
 下足入の上下に間接照明を仕込んだ。

RIMG0905.jpg ホビールームと隣接する水廻空間は、
 モノクロ2階調の色彩構成とし、
 洞窟に入ったようにひっそりと癒される空間にした。

 ちなみにバスルームの写真は前回の記事に掲載。

この住戸はもともと3LDK(74平米)であり、計4つの部屋で区切られていた。
今回はフレキシブルに広く使いたかったので、大胆に2つに区切った。
一つは先程のエントランス兼ホビールーム。
もう一つはこれから説明するLDK+ベッドルーム+デッキスペースのビックワンルーム。
そこから眺めるベランダの向こうに江ノ島が。
RIMG0782.jpg

さてこのビックワンルームの床は当初カーペットかフローリングかと悩んでいたが、
思い切ってグレーっぽい(砂浜を意識して)サイザル麻敷を試みた。
寝転がると肌が少しチクチクするが、素足で歩くととても気持ちよくリゾート気分になれる。
壁はすべて先回紹介した「ザツカッコイイ」漆喰塗。
今回はそれらのグレイスケールに落着いた濃茶色の造作家具をレイアウトしてみた。
モクの素材感は欠かせなかったので見えるところは全て練付
(無垢の木を薄くスライスし合板に貼り合わせたもの)とした。

RIMG0785.jpg 写真をみれば特に説明を要しない
 シンプルな「ビックワンルーム」だがちょっと補足。
 寝室の間仕切りは可動式の4枚引戸で、
 見えそうで見えない透明感のある
 ツインカーボのやわらぎを使用した。

またデッキスペースはバルコニーのデッキ材をそのまま屋内へ引き込むように使用した。
(1Fの庭付き住戸はデッキ材を庭へ張り出してるのが羨ましく、
あえて屋内にデッキ材を使ってみた。)
これが外のデッキ材と繋がってみえるせいか、
引戸を開けるとあたかも屋外にいる気分になる。

結果全体的に見ておよそ思っていたようなイメージに仕上がったと思っている。

ところでリノベーションに興味は沸きましたか?
「やってみたいなぁ」と思うようなキッカケになれば幸いですネ。

(fusa)

テーマ:マンションリフォーム - ジャンル:ライフ


鵠沼マンション
P1010272.jpg P1010284.jpg

昨日ほぼ仕上がったということで、
鵠沼マンションを1室まるごとリノベーション工事の
竣工検査に行ってきた。

前回の報告ではまだ全体像が全然見えてこなかったものが、
一部工事の時の汚れや傷、その他仕上がっていない部分もあったが、
今回は完成した姿を見ることが出来た。

P1010277.jpg 天気が良いこともあり、自己満足かもしれないが、
 とても気持ちの良い空間に仕上がったと感じた。
 
 もちろんロケーションの力は大きいが、
 その場所に合ったテーマを決めて、
 内装デザインを決めていったので、ピッタリとはまり、
 施主側の担当者の人たちにも満足していただけた・・・ハズ。

 心配していた家具の仕上がり、
 漆喰壁の塗り具合は大まか納得できるもので、
 ホッと胸をなでおろすことが出来た。
 一部勘違いで塗装の色を間違えていたところなどがあり、
 その他いくつか修正箇所が出た。

P1010294.jpg 6月中旬以降にはオープンハウスを行う予定で、
 その時までには修正箇所も直り、
 完璧な状態になっていると思うので、
 また足を運ぼうと思っている。

 その頃はこの部屋から見える江ノ島も
 賑わい始めているかもしれないな~。

(date)

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ


鵠沼マンション
R0017624.jpg R0017636.jpg

3度目の報告になる・・・・鵠沼マンションの打合せへ行って来た。
施工状況は、扉等の建具の枠が取り付けられ、
天井の塗装が終了し、浴室はタイルが貼られていた。
(ボーダー調の黒いタイルと目地とのコントラストがいいでしょう?)

壁面は漆喰仕上が大半を占めるので、
プラスターボードや合板の上に下地処理を行ったばかりだ。
今日はその漆喰の塗り方と家具の打合せ、
その他現場での帳尻合わせや塗装色の確認をおこなった。

漆喰は、実際にクローゼットの中の壁を使って試し塗りをやってもらった。
クロスなどの貼物とは異なり、その質感はしっとりとして重厚感があり、
調湿、消臭などの役割もなす。
漆喰塗の特徴を生かすべく、自然にコテムラが残るように指示した。
ちょっと「ザツカッコイイ感じ」とでもいっておこうかぁ・・・・。

この鵠沼物件では、出来るだけ本物趣向で仕上や素材を考えた。
漆喰、無垢のデッキ材、木製建具や家具は塗装仕上、床はサイザル麻敷。
サーファーが毎日の生活の中で・・・・潮の香り楽しみつつ、
本物の素材感が全身で感じられるような開かれた自由な空間を提案してみた。

今回の一連のプロジェクトは、「安く買って、安く改装して、高く売る」
というある意味常識化されている不特定多数を相手にする不動産販売の流れに対して、
「古い均一な空間に対して、コンセプトを与えデザインし付加価値を高めた上で提供する」
という価値観の共有できる特定少数の相手をターゲットにした試みでもある。

サーファーの皆さん、只今工事中に付き入居者未定、早い者勝ちかもよ!
(もちろんサーファーじゃない方も)

(fusa)

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ


鵠沼マンション
P1000979.jpg
 本日鵠沼マンションの中間検査へ行って来た。

 工事の人と最終的な仕様の取り決めを
 現場で行うのが今回の目的である。
 また、現状まで進んでいる工事に対して、
 図面や指示通りになっているかの確認もある。

前回の写真では何もなかった室内が、
今回は間仕切壁と天井、扉などの建具の枠が入っている。

仕上げはまだまだなので、完成は遠いように思えるが、
ここまででも結構手間がかかっているし、決めてしまえば後は早い。
ちなみに今回までの工事内容は、
・墨出し
・現状躯体、下地の調整
・電気等配線
・間仕切下地
・プラスターボード、コンパネ張り
・照明器具位置決め、ダウンライト穴あけ
・建具枠取り付け
などなど・・・

ここまできてから、木製建具・家具の色決め、塗装壁の色決め、
造作家具の納まり、後は工事が始まってから分かる、
図面通りにはいかない箇所をどうするかを話し合った。

こういうリノベーションの場合、正確な竣工時の図面が
無い場合が多く、現場採寸し図面を起こしたりする場合が多いが、
やっぱり多少不具合が出てくる。
そういった場合の対処が力量を問われるところだと思う。

新築も楽しいが、リノベーションはこういった問題があることで、
そこから悩みながら現場で導き出した最適解が形になることが楽しい。

(date)

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。