FC2ブログ
ユニップ・フォトログ
Environmental Design Works
プロフィール

unip design

Author:unip design

↑Please visit our website!

ユニップデザインとは住宅や店舗、オフィスビルなどの建築設計・インテリアデザインをメインに活動している一級建築士事務所です。また、ツリーハウスの設計施工も行っています。

このブログはそんなユニップデザインのスタッフが物件紹介や世の中に溢れるモノ・コトを、実体験をもとに紹介していきます。



最近の記事



カテゴリー



リンク



FC2カウンター

 since 18 jan 2006



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「縮み」文化のおもちゃ
IMAGE000.jpg
 大洗港~苫小牧港間を運行する「さんふらわあ号」にて
 限定販売されている
 「プルプルさんふらわあ」定価550円。

IMAGE001.jpg

IMAGE002.jpg
 後部のリングを後ろに引くと
 プルプルと震えながら前に進む
 ぬいぐるみ型キーホルダー玩具である。

優れている点は、「さんふらわあ号」という船の要素が子どもの
手の大きさへ、上手にデフォルメされていることである。
また、車輪による駆動ではなく、ゼンマイ機構による振動を利用し
船の動きに不自然さを感じさせず手抜きがない。

日本人には、茶室や盆栽、根付~チョロQ等と世界(観)を縮めることに
関してユニークな感性を持つ伝統がある。
この玩具には、その伝統を色濃く示すモノが見受けられる。

(okamura)
スポンサーサイト

テーマ:雑貨・インテリアの紹介 - ジャンル:ライフ


形となって嬉しいもの
P1020445.jpg

これは、シルバーのペンダントだが、ロゴをかたどったモノ。

もちろんこれを作るのは本業ではないため、
ジュエリーデザイナーとのコラボレーションとなるわけだが、
それにしても何となく愛着がある。

普段周りの人から、「形になる仕事っていいよね?」と言われるが、
確かに建築物や店舗など出来たときは嬉しい。
ただ、出来るまでの過程をずっと見続けているせいか、
どうしても反省点のあるところが気になってしまうせいか、
少なくとも個人的には手放しで喜ぶほどではない。

しかし今回のこのシルバージュエリーは出来上がりを見て単純に嬉しかった。
仕事としてはロゴデザインまでなのが、
それが形となって世の中に生まれてくることが予想外だったからか。

(date)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ


フックでござ~る
先に設計にかかわった軽井沢の別荘に行く機会があり、
少し時間があったので知人のショップを訪れた。

ラ・ボロンテというショップで、
原宿化した旧軽井沢の通りから少し離れた閑静な森の中に佇んでいる。
オーナーズチョイスでいろんな作家に依頼しディスプレイしている小さなお店。

インテリアもさりげなく凝っていて、
特にショーウィンドウにもなっているガラスの棚がいい。
そしてどの商品も個性的なこだわりがあり、見ているだけで楽しい。

hook02.jpg そんな店内のいたるところに
 ブラブラとぶら下がっている動物を発見した。

 鋳物で作られたカワイイおさるさん。
 機能的にはフックだそうだ。
 なるほど・・・・おもしろい、
 インテリアのちょっとした隠しネタとして衝動的にゲット!
 大きさは3種類あり親子だという。

 ユラユラ揺れるのをあらがじめ考慮したフックの形状のようだ。

hook01.jpg

(fusa)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ


小さな贅沢
P1020176.jpg
 今神宮前にて、あるコンセプトショップの
 インテリアデザインをやっているのだけど、
 そこに置くモノの一つとして
 このような「フリスクケース」をいただいた。

Frisk Case(Diral代官山)
渋谷区代官山町3-13エーデルハイム1F
(11月オープンの今手掛けているお店にはオリジナル色があるかも。また紹介します)

14色もあるカラフルなレザーケースに入れたフリスク。
これを持っていると人前で何気にさらりと見せながら、
フリスクを口にするのも自慢げで楽しくなる。

こういう商品って例えばフリスクしか入らないってのがこだわりのところで、
何となく一点豪華主義っぽくてもったいないと思う反面欲しくなる。
日本人ってこういうの好きだなって思った。
エルメスなどにも、こういった類のものがあるしね。

でもフリスクが販売中止になったらどうしよう・・・

(date)

テーマ:おすすめ商品案内 - ジャンル:ライフ


ほんの少しの差別化
P1010970.jpg
 最近i-pod付属のイヤホンが調子悪くなった。

 そこで買ってみたのがコレ。
 ヘッドホンの形は色々あれど、
 最近はこんな小さいヘッドホンにも
 各メーカーこだわりを出している。

密閉型インナーイヤーレシーバー(SONY)
MDR-EX90SL

削りだしのアルミ部分が気に入ったのだけど、
最近多い、耳の中に入れる「イヤーピース」が自分に合うかな?
との心配も、案外フィットしてほっとした。

Bang&Olufsenのコレがずっと欲しかったんだけど、
どうも自分には耳にかけるタイプは合わないみたい。

i-podをはじめとする携帯型プレイヤーが売れるにつれ、
小さくて持ち運びやすく、装着性も良い小さなヘッドホンが充実してきているようだ。
特に高級ジャンルのモノが出てきて、高いものは4,5万円ぐらいするから驚き。
家で使う、大きなヘッドホンなら分かるけどね。。。

これまでは、プレイヤー付属の小さなイヤホンでは良い音質は求められず、
音質を問うならば、あの見苦しい(もちろんファッションの一つでもあるけど・・・)
大きなヘッドホンを外で付けなくちゃならなかったけど、
こういうものが出てきてくれて選択肢が増えた。
もちろんまだまだ大きなヘッドホンには勝てないけれどもね。

ソニーのこれ、そんなに密閉感がないから、
電車に乗っていて降りる駅を聞き逃すこともない分、
音漏れもありそう。気をつけないと・・・

移動中に音楽を聴くのも少し楽しくなった。

(date)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ


設計者のウラ七つ道具(2)
P1010873.jpg
 前回紹介した照度計よりも、
 さらに我々にとって便利なモノがこれ。

 一応あのライカ製である。

レーザー距離計(Leica Geosystems
DISTO lite4

これは安く買ったので大きめだけど、
現在は”A3”というかなり小さいものまで出ていて使い勝手が良さそう。

要は普通は巻尺で測るところを、手軽にかつある程度正確にデジタルで距離が測れるのだ。
例えば一人で現場に行くと、5mの巻尺では一度に測れない長さがあって大変だったり、
イチイチ見にくい目盛りを読んだりして現場調査の時間がかかってしまう・・・
それを解消してくれるスグレモノ。

赤いレーザーは数十メートルまで届くので、かなりの長さも測れるし、
写真のように床に置いたりするだけで、天井高さも簡単に測れる。

ただ今でも現場へ行き、職人さんなどが計測に使っているものはやっぱり昔ながらの巻尺。
どうしてだろう・・・デジタルや機械はまだまだ信用できないということなのか??
確かにこのレーザー距離計の精度・誤差は多少の改善の余地あるとは思うけど、
設計者が使う分には全然問題ない。

(date)

テーマ:おもしろ*便利グッズ - ジャンル:ライフ


設計者のウラ七つ道具(1)
P1010872.jpg
 前回パワーポインターを紹介したけど、
 今回は設計する際に「あったら便利だなぁ~」
 という程度のグッズの中から、
 実際unipにあるものを紹介。

照度計(GOD ABILITY)
LX-101

照度など、今までずっと経験と感覚的なもので測ってきた。
だから、実際とは大きな違いがあっただろう。
例えばリビングでの団らんにはだいたい300ルクスあればいいとされているけれども、
これまでは「この広さだとダウンライトによる全般照明をこれぐらい、
その他局部照明や間接照明をこれぐらいあればいいだろう」とすごく定性的。
これを使ってみると、家庭用だからすごく簡易的なものだろうけど、
具体的な数値で何ルクスと表示されるから照明計画にも力が入る・・・かな。

照度計などはおそらくあまり設計者が持っているモノではなくて、
実際は経験と感覚的なものが大きいのだろうし重要かもしれないけど、
やっぱりあると便利だし勉強にもなる。

カメラマンなどが持っているモノやもっと専門的なモノとは違って、
これはすごく安価だし遊びとしても面白いかもね。

(date)

テーマ:おもしろ*便利グッズ - ジャンル:ライフ


まさに手の代わり
R0010124.jpg
 ~とある建築現場にて~

 「え~、壁のこの部分の仕上がりが・・・」

 なんて、現場監督に言ってみたり。

レーザーポインター(サクラ)
RX-5

R0010130.jpg 普通のレーザーポインターはただの点だけど、
 これはいくつかのバリエーションがある。

 面白半分で買ってみたが、
 現場やプレゼンなどで結構使える!

 なんせ、クライアントに興味を持たれ、
 話のキッカケにもなるしね。
 それでつかみはOK!・・・だといいけどね(笑)

(date)

テーマ:おすすめ商品案内 - ジャンル:ライフ


移動するベッド?
P1010554.jpg ドイツのライプツィヒで見かけたベビーカー。
 ベビーカーとは今まで縁がなかったし、
 興味もなかったが、デザインが良かったので
 何となく惹かれて撮っていたのがこの写真。

 その後帰国し写真を整理していた時、
 ふとベビーカーに目を凝らしてみたら、
 何か文字が書かれていたので調べてみた。

ベビーカー(MUTSY
オランダのメーカー

日本には調べる限り全く入ってきていない様子。
だけど、こんなに安定感がありそうで、気持ち良く寝れるベビーカーはあまり見かけない。
まるでベッドをそのまま持ってきた感じ。
自分で試すことが出来ないのが残念だが、是非赤ちゃんの感想も聞いてみたいね。
まっすぐ寝れるのは赤ちゃんのためにも良いとかどうとか聞いたことがあるし・・・

ただ、もしかすると折りたたみの際、若干大きいのかも。
日本においてそれは致命的なのかな!?

ちなみにオランダ産といえば、こんなのがメジャーなよう。
http://store.yahoo.co.jp/naja/yu00531.html

(date)

テーマ:インテリア・家具 - ジャンル:ライフ


デザインからエコロジーへ
P1010654.jpg 環境先進国ドイツのエコバッグ。

 どこかのスーパーのレジの近くに置いてあったものだが、
 カラフルな色でたくさん種類があった。

 これは、折り畳み傘のようにコンパクトにまとまっていて、
 カバンの中でも邪魔にならない。

これはきっとこのサイトのものと同じ形なので、おそらくOEMだと思うが・・・
ライゼンタール社・・・"mini maxi shopper"
このライゼンタール社はドイツの靴メーカーだとのこと。

ドイツをはじめ、特に北欧では環境の意識が高いものだが、
やっぱりレジ袋の代わりにこのようなエコバッグを持ち歩いている人が多い。
皆当たり前のように持って来ているそれぞれのマイバッグに、
自分で袋詰めしている光景を目にした。

ただ、ドイツではレジで言えば、レジ袋はタダでもらえているところが多かったが、
チェコではお金を払わなくてはいけなかった。杉並区のように。

時間がなくて探せなかったが、色んなデザインのエコバッグがあり、
持っていてもカッコイイもの、便利なもの、それぞれである。
bag1.jpg bag2.jpg

持ち運びやすいデザインで、かつ持っていてカッコイイデザインであれば、
普段からカバンの中に忍ばせるようになっていくと思う。
後は、スマートにレジ前でレジ袋を断り、袋詰めをする姿の練習だね!

クールビズもやらされている感もあるけど、
デザインすることにより間接的にではあるが、
環境に貢献することは可能なのであろうと感じた。

(date)

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。